集合住宅

エレベーターの点検をきちんとして安全を守ろう

安全な運用のために実施

作業員

マンションにエレベーターを設置している場合は、法定点検やその他の点検、修理などを適切に行う必要があります。専門的な知識が必要なので、コストを抑えて利用できる業者を探すとエレベーターの保守管理がしやすくなるでしょう。

安全のために欠かせない

男性

一定の高さがある建物にはエレベーターは欠かせない設備です。エレベーターは安全について非常にシビアになる必要があります。そのために必ず必要になってくるのが定期的な点検です。点検の頻度は非常に重要なことです。法律で定められている点検の頻度は年に1回ですがしっかりと確認をしていないと事故を未然に防ぐことにならず点検の意味がないということになります。特に高層階の建物になればなるほど使う頻度が多くなってくるので、こまめな点検が不可欠になってきます。確認する項目は細かいに越したことはないですが日々点検を行うことも必要になってきます。その辺りは業者によっては内容が違ってくるのでしっかりと確認をすることが大切です。

エレベーターは保守点検が重要になってきます。業者に依頼するためには実際に相場がどのくらいのものなのか分かっていないといけないといえます。通常は月に1度ほどの点検は必要になってきます。毎月の点検となると細かな部分では違いが出てきます。メンテナンスなどはメーカー系と独立系でも費用が変わってきます。保守内容はそれぞれで内容が異なっています。しっかりと確認をして選ぶことが大切です。もちろん長年エレベーターを利用すると保守部品の交換をすることも必要になってきます。そこでもメーカー系と独立系では違いがあります。しっかりと契約内容を確認しておくことが大切です。メンテナンスは1台当たりでいくらという契約になることもあります。その辺りは確認が大切です。

マンション管理費の見直し

エレベーター

マンション管理費を抑えるためにエレベーターのメンテナンス費用の見直しがあります。保守契約は、フルメンテナンス契約とPOG契約があります。フルメンテナンスは全てお任せで手間がかからないメリットがあり、POG契約は保守費用を抑えることができるメリットがあります。

日常的に使う人は注意する

マンション

マンションなどの高層建築物では、エレベーターが設置されています。安全に使用するためには、定期的なメンテナンスが必要です。異音や異臭など、おかしなことがあれば、すぐにメンテナンス会社に連絡をしましょう。